FXを始めるためにすること

###Site Name###

FXを始めるためには、まず口座を作らなくてはなりません。
FXを提供している会社は、銀行、証券会社、FXブローカーなどです。

銀行の場合は外貨預金も別サービスとして提供していることがあります。



口座を作る手順はどの会社でもほぼ一緒です。

まず申し込みをします。



申し込みでは氏名や生年月日、住所の他に職業に関する情報、取引経験に関する情報、リスクに関する知識を答えなくてはなりません。

資金が借金だったり収入がない場合は会社の審査に通ることができない場合もあります。

FX会社が行う審査ではカードローンやクレジットカードのように信用情報にアクセスするわけではありませんので、実際に借金があったとしても問題なく口座開設をすることは可能です。

会社は口座を作って安全に取引できる人なのかどうかを判断しているだけであり、審査に特別な意味があるわけではありません。

また、身分証明書の提出が必要になります。



場合によっては住所を証明するために光熱費の明細を送らなくてはならないこともあります。
審査が下りれば口座開設は数日中に完了し、書類が送られてきます。

送られてきた書類の中にログインIDとパスワードが入っていますので、それを使ってサイトからメンバーページにログインをします。

あとは入金をすれば取引を開始することができるようになります。
入金方法は会社によって異なりますが、大手の金融機関の預金口座を持っていれば、ダイレクト決済を利用することができるでしょう。ダイレクト決済では24時間資金をすぐに口座に反映することができます。